保育園に就職するには面接試験が重要

subpage1

保育園の就職試験に合格するためには、テストに合格するだけではありません。大切な子供の命を守る仕事ですから、実際に面接で顔を合わせて人間性を見極めたうえで、子供たちを任せられると判断されなければ合格することはできないのです。



保育園に就職を希望している人が面接できちんとした人間性があると判断されるためには、いくつかの点に注意して挑む必要があります。

まずは、面接試験に行く前に園の情報をホームページなどで調べておくことです。それぞれの園ごとに保育理念や保育目標、方針などが掲げられており、それに基づいて保育をしています。


面接を受ける園に見合った保育ができることをアピールしましょう。

次に、質問されやすい内容を把握しておき、きちんと返答できるようにします。
特に保育園の就職試験で聞かれやすい項目は、どのような保育士を目指しているのか、なぜ幼稚園ではなく保育園を選んだのか、保育関連で気になるニュースなどを聞かれることが多いでしょう。

保育に関するニュースは近年メディアでも多く扱われているので、直近のニュースはかならずチェックしておきましょう。
最後に、子供たちを預かる保育士の仕事は第一印象も重要です。



子供と接する仕事ですから清潔な印象を心がけ、髪は結わき装飾品を外すます。

化粧も厚すぎないようにしましょう。

保育士の就職のことならこちらのサイトをご覧ください。

また、はっきりと笑顔で話すように心がけると、子供へも明るく元気に対応してくれるというイメージにつながるため好印象です。