多種多様な保育園の就職先選び

subpage1

保育園に就職するには、保育士の資格を持っていなければなりません。



保育士の資格は試験を受けて合格する方法と、学校に通って取得する方法の2種類あります。

学校に通う余裕があれば2年間学校に行ったほうが確実に資格を取得できますが、独学で合格する人も多々います。


保育園にはいくつか種類があります。
認可外、認証、小規模な保育室、公立の保育園などです。

保育士の求人情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

安定を狙うのであれば公立ですが、最近は公立から民間に委託するところも増えてきているので、一概に安定しているとは言えません。民間のところであれば、人材不足もあり若くして施設の長になる人もいます。
また、宗教法人が設立しているところだと独特の教育を施している場合もあります。就職先を選ぶさいは雇ってくれるならどこでもというスタンスではなく、きちんと自分の考えている保育が実施されているところかどうか見てから決めるようにしてください。結果的に長く勤められるところに就職することができます。売り手市場だからと面接で気を抜いてはいけません。子どもを守るという責任が負える人物かどうか見られているので、誠実な態度を見せることが重要です。就職したら、最初の一年は子どもの病気をもらって休むことが多いかもしれません。

それは誰しも経験することなので、きちんと休める環境かどうかも見てください。

保育士の就職技術のご紹介です。

無理して働けばいずれ体を壊してしまいます。


免疫がついてきたら病気をもらわなくなりますので、最初の一年が踏ん張り時です。

関連情報

subpage2

保育園の就職試験に合格するためには、テストに合格するだけではありません。大切な子供の命を守る仕事ですから、実際に面接で顔を合わせて人間性を見極めたうえで、子供たちを任せられると判断されなければ合格することはできないのです。...

more

求人をよく学ぶ!

subpage3

結婚して妊娠、出産をした後でも同じ職場で働く女性の数が増えていますが、このことに関しては女性の社会進出と言う意味においても意義のあることだと言えます。ただ小さな子どもを一人にしておくことが絶対に出来ないので、仕事中は保育園に預けて保育士に見てもらう必要があります。...

more

求人の重要知識

subpage4

保育園への転職をするためには、保育士の資格を持っていると良いでしょう。保育園では、即戦力となる人を採用したいので、保育士の資格を持っていると、転職の近道となるでしょう。...

more

いまどきの求人

subpage5

特に都市部を中心として待機児童の問題がメディアで取り上げられていますが、待機児童の問題はとても深刻なことなので一刻も早く解決する必要があります。一昔前までは結婚して妊娠した女性は会社を辞めるケースが多かったのですが、最近では出産した後も会社を辞めずに育児休業後に職場復帰をする女性が増えています。...

more